2015年9月27日

『進撃の巨人』、映画さながらのことが現実に起こっている

「恐怖の男・安倍氏は、男に生まれながら男人形として、日本の名で世界を歩くでしょう。『はい、わかりました』
この言葉をためらわず言える政治家は生き、少しでも躊躇した政治家に、いい役が回ることはありません・・・」
これは松原照子氏の予言によるものだが、彼女は当時25年も前にこれを発表している。

近年彼女は予言を『世見』と言い直している。
最近の『世見』によれば今日ここに挙げた動画の内容の信憑性は否定できないだろう。

映画『進撃の巨人』を観た人ならば、映画さながらのことが現実に起こっているのを感じずにはいられないだろう。
そうなのだ、巨人を出現させているのは中央政府そのものなのだ。
大衆が恐怖におびえるように戦争と言う名の巨人を出現させては、それに向かって大衆を駆り立てて、勇敢な愛国精神多感な青年を減らして、この世を支配やすいおとなしい家畜どもにさせていっているのだ。

だから、あのときの戦争は終わっているどころか続行開始といった感じがする。

この点もう少し、現実のファンタジーに沿って説明してみよう。
あたしもすべてを網羅するには時間がないので断片のぎこちない羅列になるがご了承いただきたい。

★あの青年将校による反乱事件2・26は天皇派によって仕組まれたヤラセで、彼らは死刑になっていない。その後軍部で生きていた。すべては早急に戦争を起こすため反対派を一気に皆殺しするヒロヒトの作戦。

★戦中イギリスのスパイが獄中で自殺するが、ある一人の大将以外すべては寝返りしたとのことを自白する。

もちろんヒロヒトも例外どころか張本人で、スパイーゾルゲを通してロシアと、米駐留大使グリューを通してアメリカと連絡を取り合っていた。


★ヒロヒトは黄金の財宝をフィリピンに隠したが、当時フィリピンはスペイン領、金はそっち経由してバチカンに納めら、後に戻ってくるルートであった。

★世界の支配者は戦争仕掛け屋と取引しては支配権を維持、彼らの銭勘定の取引はスイス銀行、だからここだけは中立国にしてある。

★広島に落ちた原爆はナチスが製造していた。米国で長崎に落とされたプルトニウム型製造だが、ウラン型はドイツで。
同盟だったのになぜ? 
ナチスドイツは連合国と戦争を演出させるため、ロスチャイルドが仕組んだ仮想敵国。

★だからヒロヒトも知っていたどころか一緒になってやっていた原爆投下決定。

この壮大なトリックの全容はリアルファンタジーとして世界でそして日本でも次々と暴露されていくだろう。


2015年9月25日

『99%がバカに洗脳された国NIPPON! 』

グーミンで知られている内海聡さんの動画、時々観てるけど、プライドが高くなってイラつく感情が読み取れるほどだ。
だからグーミンと自分たちA層は違うという格差を見せており、潜在意識化にある競走意識で培われた優越感が時々浮上してくるのが見えてくる。
こういった優越感が次第につのってくると支配意識や所有意識を強化させて自分でも後戻りすることが困難になってくる。
彼曰く。
「ロックフェラーもロスチャイルドも最終的な支配者ではなく、彼らをさらに使っている一族がいる」などという興味深い情報も披露しつつ、結論は下さない。彼の主張は面白く、要約すると以下のようなことを書いている。
「枝葉の情報はどうでもいい。何が真実かを探るのは専門家に任せておけばよい。我々は、世の中の常識とされるもののほとんどが、彼らによって意図的に作られたものであることを知ることだ。そして、真実に基づく情報が流れる世の中にすることだ」といいつ、やはり肝心のタブーである悪魔崇拝には触れることができないでいる。
この国を実質支配している天皇財閥によって暗殺されるのを恐れているからだろう。
たぶん日本を脱出しても、柵の中の家畜、自分もグーミンの一員に過ぎなかったという自責の念に襲われるだろう。、

私の最近の調査によれば、これを知るのに専門家などは必要ない。今では以前よりはるかに情報を知ることができる。直感的に感じるのは日常普通にすごしているこの生活のなかに悪魔崇拝は存在しているような気がする。
こういった何気ないところに存在しているところから断舎利することも重要だと思う。
私としては、この日常の中に潜む悪魔性をなんとか浮き彫りにさせたいものだ。

著者宮城ジョージ氏による『99%がバカに洗脳された国NIPPON! 』も内海氏と同様のレベルだが、悪魔崇拝については詳しいので、ただいま悪魔に取り憑かれている支配者の性質について調査を開始しました。

2015年9月24日

不正選挙

本澤二郎 「ムサシ」が自動投票用紙読み取り機や計数機などを開発して使っていた そこに票のすり替えや廃棄などの不正の手がはいりやすい。そんな手口を80年代から、政府・自治体は「ムサシ」選挙システムで実施 この民間会社が投開票事業の全てを独占している この会社は安倍の父親のスポンサー

「ムサシ」のプログラムは富士通 アメリカ大統領選挙では、ブッシュとゴアの大接戦の時 フロリダで表面化、機械による票読みに対して裁判所がブッシュに軍配を上げた コンピューターによる投開票の読み取りについて100%それを信じ込んでいたのだが、専門家に言わせれば「簡単に操作できる」と

安倍晋三は国会議員選挙、票集計システム ムサシ株の最大株主 ムサシ社長は元ゴールドマンサックス(CIAと関係)出身者 ムサシは自民党議員を優先的に当選させる捏造票主集計を行っているのは確実


2015年9月23日

募金・義援金・寄付金詐欺

募金・寄付のお願い | 国連UNHCR協会

最近ツイッターやFBで頻繁にやり始めてる。難民支援。
このような第三者機関・中立機関・援助機関の多くが義援金と称して寄付を運営費・関連企業に多く回している。ばらされても、言い訳できる程度には表向きの目的には使っている。
国連・ユネスコ・ユニセフ・WHO・その他政府公認のお墨付き外郭団体などの寄付は大衆の善意に漬け込んで資金を調達する機関で100%の中のかすかな%はあえて公約どおり行っているが、ほとんどは支配者側にわたして、被災者や被害者・難民には現金が渡っていない、わたっていても、周りめぐって支配層に行くような仕組みが用意されている。
これらの中立的機関はピラミッド型社会構造の中間に位置し、上層部で起こす戦争・災害・ウイルスの蔓延・アフリカの人口削減を助長する役割を担っている。
それらの機関は一番情報が集まるところで、だれもが疑わない隠れ蓑。事情を知らない内部告発者は暴露情報までこんなところに報告してしまい。わざわざ敵に有利な情報を与えてしまう。
みんな、だから町内会もそういった役割を担った末端組織でシステムにがっちり組み込まれてるよ。
赤い羽根募金や、何やらの寄付・町費、赤十字の闇も深いね。みんな税金に上乗せさせられてまんまと財布の金を抜き取られている。
断りきれないよね、雰囲気として。家族や子供がいたりすると近所の目もあるから・・・そこが支配側の狙いどころなのさ。
なんだか宗教の末端会員と変わらないけど。みんなご偶像を本気で信じているし、自分で立ち上げるにはあまりにもかこまれすぎている。
しかし、世界を変えるには、こういった末端から断舎利していくのも一つのアプローチで、できる人からやっていこう。
町内会は脱会!賛成!
募金・寄付のお願い

2015年9月22日

天皇の陰謀

天皇の陰謀

天皇裕仁はかく日本を対西洋戦争に導いた

(Japan's Imperial Conspiracy: How Emperor Hirohito led Japan into War against the West, by David Bergamini)

ディビット・バーガミニ 著

松崎  元 訳

http://retirementaustralia.net/old/rk_tr_emperor_02_contents.htm


★天皇の陰謀 「天皇裕仁はかく日本を対西洋戦争に導いた」

http://www.retirementaustralia.net/rk...

天皇の戦争責任を暴いたバーガミニをアメリカが抹殺した理由は?

 デビッド・バーガミニ(David Bergamini 1928~1983)は、アメリカでベストセラーになった1971年の著書『天皇の陰­謀』の日本語版序文(ただし1983年発行の新書版のみ)で、「私はこの著作のせいで­文筆活動を絶たれることになった」と書いている。この序文は、非常に重要だが、誰も指­摘していない。バーガミニを抹殺するために、200~500万ドルの賄賂・監視料が使­われた。日本政府から出た資金ではない。エドウィン・ライシャワー駐日大使(妻は松方­正義の孫・松方ハル)を中心とする米国エリート勢力だった。また、アメリカの主だった­学者は、揃ってバーガミニをインチキ扱いしている(日本研究の権威だったライシャワー­の影響力によるものだろう)。

 バーガミニ本人は、昭和天皇・裕仁の戦争責任を暴いたつもりだった。したがって、日本­から非難を受けることは想定していたが、祖国アメリカから称賛はされても、まさか攻撃­を受けるとは思っていなかった。その結果、バーガミニは、愛国心を喪失したと書いてい­る。どうして天皇のことを暴くと、アメリカ国内の勢力から攻撃を受けるのか? それは、裕仁がイルミナティの養成したロボットであり、ザビエル以来の日本破壊の計画­を完成する重要な役割を担っていたからである。裕仁は「平和を愛したが軍部に押し切ら­れた無力な天皇」でなければならなかった。

読むのが面倒な方は自動音声録があります。
ただし、ぎこちない声で聞きづらい面があります。

001_第1部_天皇の陰謀


★この天皇の陰謀を太田龍氏や鬼塚英昭氏取り上げた動画の方が分かりやすいです。



2015/03/08 に公開
日本人として、知らなければならない真実 (00:24:30)
薩摩は長州に対して弱体化したわけでではなく、吉井友実が宮中を押さえ、松方正義が金­­融を押さえた(00:31:31
フリーメイソンは宮中を完全に掌握する事を設定した(00:32:07)
大室寅之祐をすり替えて天皇にした(00:33:49)
継続した天皇家の正統であると日本人に思わせる(00:34:12)
大正天皇の不発のクデター(00:39:41)
イルミナリティのワンワールドの意志(00:45:27)
ザビエル「日本は、この地上から抹殺されるべきだ」(00:45:57
日本では、近衛が悪玉で木戸が善玉になっている。非常におかしい。(00:55:58­)
昭和天皇の陰謀(01:00:00)
昭和天皇の背後に存在する勢力については、バーガミニには分からない (01:01:11)
イルミナリティのアジェンダの中に日本が設定された (01:01:56)
日支闘争計画(01:02:12)
ユダヤの日本占領計画 (01:02:14)
山口富永(ひさなが)(01:05:41)
イルミナティにとって真崎は邪魔だから排除しようとした(01:08:45)
日本史上最悪の売国奴(01:13:30)
左翼はイルミナティの手先(01:19:25)
ワンワールドによる宮中の支配は、完璧になっています。 (01:22:08)
裕仁は、イルミナティの純粋培養の作品です。 (01:22:12)
ダレスと裏取り引き(01:23:40)
四王天延孝陸軍中将(01:26:50
右翼と称する反日本的な売国奴集団(01:34:13)
世界のイルミナティ・フリーメーソンの陰謀、グローバル・コンスピラシーの存在 (01:36:22)
近衛上奏文(01:43:10
真崎甚三郎(01:50:30)
偽クーデタをデッチアゲ(01:51:56)
近衛さんを中心とする皇道派を復権させて、日本が全面的に戦争を停止し、中国から自発­的に撤兵して、蒋介石政権と講和してという方向に転換するのを阻止した訳です。 (01:54:37)
近衛・真崎のラインで、日本が方向転換すれば、敗戦後の日本は今のような状況にはなっ­てない事は確実です。すべてを失い、民族の魂を失い、どんどん堕落して滅亡に転落して­いく方向になってないですよ (01:55:07
近衛さんが最後のところで日本の貴族の根性、やる気、勇気を表明しょうとした事は評価­できるんじゃないですか。 (01:56:31)
左翼ということは朝日新聞と岩波書店 (02:04:15)
左翼は決して信用してはなりません (02:04:44)
左翼はイルミナティの紐付きですからね。リベラル派も (02:04:48)
イルミナティの命令を実行したんですよ (02:11:20)
陸軍の絶対多数、良識の代表は真崎大将(02:13:15)
天皇を詐称するイルミナティの傀儡(02:13:35)
イルミナリティのアジェンダどうり(02:13:50)
この動画は、http://yyy1496.web.fc2.com/sub14.html にあります


2015年9月7日

子供の誘拐・行方不明と悪魔崇拝

 日本の行方不明の子供、2011年には1000人、2013年には4000人にまで急増している(この4000人という人数はあくまで行方不明になった「乳幼児」の人数で、学校に通っている子供の数を含めるともっと多くなる。この年で、行方不明になった学童の数が705人いるとされており、合計で5000人近くの子供たちが行方不明になっているという)。この値は世界的に見るとかなりマシな方で、児童の誘拐事件が連発しているアメリカでは年間で80万人もの子供達が行方不明になっていると発表されている。

 米国では悪魔崇拝の生贄に児童保護施設などを経由して誘拐されているとの指摘をかなり前にデーヴィット・アイクが言っていて、日本にも警告を発していたのをかなり前のことだが記憶している。
当時の私はこんな悪魔崇拝からくる犯罪は遠い世界のことだと思ってさほど気にもしていなかったが、すでに日本でも水面下で進行していたようだ。。
そうなると、日本でおこる誘拐殺人事件などでは犯人が明るみに出ることもあるが、その多くが冤罪のケースと考えられる。その裏で生贄狩りの犯罪組織があって、あのベネッセ事件なども、そのための情報収集とのうわさも出ている。警察の防犯・犯罪の取り締まりはあくまで下級国民までのお仕事であって、本業は支配者の番犬であり暴力装置となっている。

 このような犯罪はどこかアジアのの臓器売買を目的とした密輸集団のしわざ、と言うのはマスごみのたれ流す大衆操作で。建前上そのような犯罪でカモフラージュしている。
本当のところはこういった犯罪は政府や官僚をも動かすことのできる権力者のやっていることで、信じられないが、これがこの世の仕組みになっている。

 私が現在懸念しているのは、児童相談所を経由しての人格破壊・精神疾患の助長・児童虐待・行方不明等の事件だ。子供の虐待が招く感情の波動は悪魔を引き寄せるためのスイッチとなっている。
これは児童だけでなく、特に少女・処女の血液の流出なども、好んで悪魔が喜ぶため、権力を握り絶大な支配欲を恒常的に維持していくためには、人身御供を常に必要としているそうだ。

 悪魔に魂をささげて強運を維持するため、生贄をささげる儀式は古代より永遠と現在まで続いている。
この辺で数千年来続いてきたこのような悪魔崇拝は公の面前に曝け出して、終わりにしなければならない。

2015年9月6日

神道という悪魔崇拝

「神道というものは悪魔崇拝者どもが作り出した邪悪な宗教であり、神聖なものでも何でもない」
私も最初は神社参拝が悪魔崇拝につながっているという記事を拾い読みしたときは、まさか?と思いました。
このまさか、と思ったことはいままで何度とあり、その都度私に新たな気付きを呼び覚ましてくれました。
今までばらばらだったパズルのピースに新たなピースが加わることですべてがつながり一枚の絵図が表われ、この世界の裏側の本当の姿を映し出すきっかけとなってきました。
悪魔崇拝、日本では悪霊崇拝と言ったほうが通るような気がするのですが、まだ私の先入観や悪魔崇拝についての知識が乏しいこともあってついていけない点もあります。
取り急ぎ昨今の支配者層に取り憑いている存在が気になっていたこのブログに行き着いたしだいです。
このRAPTブログ、今までだれも触れたがらない、話したがらない・気づかないタブー・わかりにくい日本の姿を暴露することで今注目されつつあります。

http://rapt-neo.com/?p=16726