ページ

2016年8月20日

【衝撃】日本に住めるのはあと2年?この事実、忘れていませんか? #武田邦彦 #武田教授





これを以前聞いた時はデータ上の結果であって、実際はどうかなと思っていた。
原発事故以前やその直後から放射能の情報を丹念に収集し、データを追って来ている者にとっては体感的にもこの結論は認めざるを得ないだろう。
SNS等で事の重大さに気付かされた後続の人たちとはかなり情報量や感覚的な格差が大きい。
それは時が経つにつれ事故直後流れていた警告に値する情報がかなり削除されたのがその要因になっている。

年々空気や雨や風によって降り積もる累積放射線量によって、データ上は、多分チェルノビィリを基準にしているが、今の時点で住めないとみなされる地域は北海道を除く三重県以北は全滅しているのは事実だと私もみなしている。
それでも知らない人にとっては全く疑問にも思わず住むことができる。
ただしそれは三世代とかそのくらいの期間が限界なのだろう。
事実ウクライナでは高放射線量が観測される地域ではすでに廃村やゴーストタウンになっている。
今後ウクライナよりも加速度的に高放射線地域になっていく日本。明らかに放射能が原因だと否応なく認めざるを得ない様な家族や身内の死によって、一部の人が気付くことで雪崩押しに多くの人々が西日本に移住を迫られるのだろう。
実は私はこれはいいことだととらえている。要するにこの身に起こったことはポジティブにとらえているのだ。
このようなことがあっても気付かない人はいるが、それでもこの時代の幻影から覚めて、この幻想大国が築いた幻影世界から目を覚まし脱却することができる最後の機会が与えられていることをありがたく感じている。
こうでもしないと、多分他の選択はないほどこの日本は世界の雛型に値するほど洗脳が心底染みわたっているからだろう。
だから事の起こりは陰謀だろうが、NWOによる人口削減であろうが、悪魔的が起こしたことだろうが、私はこの出来事を当然の結果として受け止め、また感謝している。
なぜなら、この後に控えている99パーセントによる主体的な社会がこうして始まることを私は予見しワクワクしているからだ。
場合によっては他の文明ではこのような惨劇を経験せずともゆっくりとしたペースで社会構造の変容がスムーズに進むケースもあるだろう。
だが、ここでは違う。
全ての人たちが以前にも何度も何度も同じようなパターンの世界に生まれて来ていながらも、気づかないで生を全うした者たちのばかりの集団がこの地球の今の時代に集まっている。
それは魂としてのレベルでの話になる。
我々が共有しているこの時空帯は、それらの魂伴に与えられた最後のチャンスなのだ。
最後となるのは気付きのあった者たちにとってであって、そうでない者たちは何度でも同じ経験を立場を変えて同じ時代の同じような時代背景の下に生まれ落ち、カルマの車輪を回し続けることになる。
この世界がもの凄い人口であふれているのはそれが所以であり原因である。
また長文になってしまい、仕事が先延ばしになってしまいました。
本日は以上。

2016年8月17日

「民衆は下層にあり困窮の中にあるからこそ、つねに自由と進歩の勢力を形成する。...

社本 善幸 - 「民衆は下層にあり困窮の中にあるからこそ、つねに自由と進歩の勢力を形成する。...


ヒロー・アイドル・リーダー・指導者・グル、この類もなんとなく共通項あるんだな。崇拝とでも言ったら良いのかな?
場合によっては己の意思決定までゆだねてしまうほど熱狂してしまうレベルとでも言ったらいいのか。
レベルが希薄だと日常的な類でほとんど気がつかないけど、高くなると宗教の類はほとんどこれで、場合によっては意志薄弱者は取り込まれて抜け出せなくなる。
組織内・学校内・場合によっては家庭内での競争と勝敗に褒美そしてトップや親の忠誠にも反映している。


三角形のピラミッド社会ーいわゆる統治機構、我々はこの中にどっぷり浸かってなかなか抜け出せない。
これも支配層というトップレベルに大衆が意思決定をゆだねてしまう結果だ。
大衆意識が引き寄せの法則で意思をゆだねるリーダを必要としてしまう。これは一見民主主義的だが、大衆意識が意思をリーダーにゆだねるレベルでは、裏返せば逆にリーダーに支配してもらいたい潜在意識をも引き寄せてしまう。
宗教と名乗らないビジネス分野でも似たようなものだ。
ネットワークビジネスはその典型例でまさにこの世界の縮図と言っても良いだろう。
この類からはなかなか抜け出せない人がいる。たいていは次から次に出てくる新しい似たような類に鞍替えするだけで、引き寄せているものは同じで堂々巡りをしている。


宗教と名乗らないこの類の世界は濃密になってくると悪魔崇拝のレベルと変わらなくなってくる。
自ら指導者の言われるままに自爆したりするのはその目に見えた一例だが、そこまで逝かせるのに希薄なレベルが無数に用意され、我々は取り囲まれているのだ。




【悪魔に対する対処法】
対峙すべきは、己の意思を他者にゆだねず、全てに責任を持って対処する心構えと生活。
これは神だろうと仏であろうと、「上が言っていたから」とか占って決めるとかに関係なく、自己決定と自己責任の意識を自ら鼓舞することである。


もう一点は、すごく大切なことなのだが、独自性をもって対処すること。
いいものだから、真似するというのは、最初は良いかもしれないがいずれはその意識が己の意思を薄弱なものにし、それに見合った運命を招きよせる。


三点目はもっと大切で、意識の中から頂点を消していく作業。
これは祖先から引き続いた刷り込みで、気がつかないうちに何世代にもわたって意識の中に「英雄・アイドル・神・指導者・父権性・権威・先生・崇拝・上・勝者に対する賛美など」が染み込んでいる。
このため同時に潜在意識には「敗者・蔑み・下・劣等民・未熟者・弱者虐待など」の意識も刷り込まれている。
そのため危機的な状況が訪れると後者の負の側面が急浮上してくる。
ふだん勝者側の紳士的な人の意思側面とはこういうものだ。


四点目はさらにもっと大切なのだが、久々に長く書いてしまって時間が無いのでまた機会があったときに続きを書こうと思う。


今日は以上。

2016年8月10日

天皇ヒロヒトの密約
・・天皇ヒロヒトは広島・長崎への原爆投下を事前に承認し、
それと引き換えに、自分の命と地位の延命を手に入れた。
天皇は、自分1人が助かり、それと引き換えに、
広島、長崎の市民の皆殺しを喜んで承諾した。
これが、「同業者、兵器密売企業の共同経営者」
天皇とドレイパーの密約である・・・

本文中より


だが私の調査では、そんな生ぬるいものではない。
ヒロヒトは戦争と言う軍事業界のイベントが始まる前から連合国側のスパイであった。したがってあのイベントでは、計画的に負ける役割を演じていたのだ。
これはバチカンとの密約で、マッカーサーなども知りようが無かった。延命乞いを見せかけた巧みな演技は、天皇の国師の指導があったにちがいない。戦後のとぼけ役の名演技は国師の入れ知恵だったからだ。
最初から象徴天皇に納まる計画があのイベントが始まる前から立てられていた。このことはもう10も年前から情報公開であぶりだされている。
国家神道を作ったのはナチスドイツの枠組みを作ったお抱えドイツ民俗学者で大衆操作が西と東で同じように着々と明治期から進められてきたのだ。
その背後ではユダヤ財閥ロスチャイルド・バチカン・英国王室とその尖兵部隊のイエズス会が連合国と枢軸国という対立軸をお膳立てして世界を舞台にシナリオどおりに両者に演じさせてきたのだ。
ヒトラーも彼らに雇われてきたのスパイの一人に過ぎなかった。

2016年7月19日

脱国家すべき時

年金支給の開始「75歳程度に」 田村厚労相、選択制で引き上げ検討

脱国家すべき時。

もっと早く気づくべきだった。

国家だけじゃないな。なにから何でも依存して付いて行ってしまう姿勢が問われるべき。
宗教・ネットワークビジネス・成功哲学・神社崇拝・町内会・アイドルやヒーローにファン・有名人・学者に専門家・挙げればきり無いけど、ぜーんぶやってることが共通で、ピラミッド型意識の世界。

この中で仲良くしたりして民主主義を装ってるけど、頂点で大衆の意識支配してコントロールし、洗脳にかけてる連中が下々から金や生き血となるエネルギーを搾り取っている。

2016年7月18日

平成の人身御供

生贄か~。
生贄といえば悪魔崇拝ですね。
これについて話すとついつい長くなってしまう。。。


極悪精神の集合意識である悪魔に、これ以上の悪は無いというほどの悪行を捧げることで、悪魔から強運パワーが授けられる。
強運とは他者を支配できる能力、すなわち権力のことで、これを持続させるためには定期的な生贄が必要となってくる。
これが悪魔崇拝のパターンで、
それがエスカレートした
典型例が戦争による虐殺である。何万から数千万単位の生贄を目的に戦争という儀式が行なわれる。


儀式は戦争だけではない。かつてのペストも人為的に起こしたといわれているだけあって、ウイルスのばら撒き、医薬品や食品を毒にかえたりして行なうスローな大量虐殺もそんな悪魔崇拝の生贄作りの対象となっている。


世界の0.000001パーセントの人々の行なう悪魔崇拝は今ではネット巷では知られるようになってきた。
だがこの悪魔崇拝、実は古代より連綿と続いてきており、ヨーロッパではカソリックの総本山バチカン内部に、日本では天皇家が引き継いできたといわれている。
バチカンの内幕はデーヴィッド・アイクやダヴィンチコードで知られることになった。
一方、天皇家の内幕は以前どこかで聞いたか読んだことがある。
シャーマン的な内容だったが、大昔は牛だったか鹿の頭を切り取って生贄に捧げたりしていたそうだ。
あと驚くことに処女の経血や生き血を飲んだりセックスしたり、とにかく若い女が苦しみもだえて死んでいくという、もっとも醜い悪行を行なうことで悪魔を喜ばせご褒美を頂くそうだ。
これはバチカン内で行なわれている悪魔崇拝とも共通している。
最高権力者にとって欲しいのは我々大衆が思い描くような金ではなく、権力を維持していくパワーの源である意識の集合体である悪魔(彼らにとっては神)と一体となる喜びなのだ。

そのため、生贄はもっとも若くて無垢な女性、場合によっては少年・幼児を生贄に捧げることになった。

<・・・平成の人身御供なのか?> 福島・いわきで海開き 震災影響、2カ所のみ | 2016/7/16 - 共同通信 47NEWS